慢性痛メモ 脳が持つ身体のイメージ

「訓練は自分の身体を知覚する能力をとりもどすための試みであるべきだと考えられる。疼痛が慢性化している場合、リハビリテーションでまずおこなうべきは、疼痛を含んでしまっているイメージを改善し、疼痛のない身体という健全なイメージを取りもどす試みだ。」引用:疼痛の認知神経リハビリテーション/カルロ・ペルフェッティ/協同医書出版

これは「疼痛が身体受容表面の機能の変質と、複数の体性感覚モダリティ間の整合性が失われたことで生じる」という仮説に基づく、訓練の説明ですが、
例えば痛みを伴う活動、痛みを伴う日常生活動作が「疼痛のない身体という健全なイメージ」を脳にイメージさせることに繋がるだろうかと考えると、そうではないと思います。
腰部に痛みがある時に脳がイメージしている「腰部」は「痛みがある腰部」だということなので、このイメージを修正することを考えると腰部に痛みや違和感を感じるほど圧迫したり、引っ張ったりすることや痛みをこらえて活動する事は「痛みがある腰部」の存在をより強く感じさせてしまう結果になるんじゃないかと思います。

関連記事

  1. 手にしっかり!神経ケア

  2. どうして皮膚にアプローチすると痛みが改善したり可動域が変わる…

  3. 痛みが慢性的になるか、ならないか。

  4. あんのん徒手療法室の開業準備をしてきました。(完成!?の巻)…

  5. あんのん徒手療法室の開業準備をして来ました。(棚がついに完成…

  6. アップルウォッチがヒモになった話