河合隼雄先生のいい言葉。

「要は、かけがえのない自分の人生を、いかに精一杯生きたかが問題で、それが幸福かどうかは二の次ではないか。あるいは一般に幸福と言われていることは、たいしたことではなく、自分自身にとって「幸福」と感じられるかどうかが問題なのだ。地位も名誉も金も何もなくても、心がけ次第で人間は幸福になれる。」
引用:河合隼雄/幸福論/PHP研究所

以前にある方におすすめしていただいて読んだ書籍です。
各々が懸命に生きていると思うのですが、その中で他人の状況を自分より幸せだとか不幸せだとか
評価するのも、考えてみれば滑稽な話だと思います。そんなことよりも今「自分自身」にとっての
幸福に目を向ける方が楽しい時間は増えそうな気がします。SNSが普及して、何かと他人の価値観が
見えすぎてしまう分、その他人の眼鏡をかけたまま物事を見てしまう気がしますので、何とか
忘れないようにしたい感覚だと思います。

関連記事

  1. 痛みの感受性が増加する現象(中枢性感作と末梢性感作)

  2. 紫陽花

  3. 愛があれば筋肉は衰えない?

  4. あんのん徒手療法室の開業準備をして来ました。(棚がついに完成…

  5. 首を回旋させると痛む?

  6. 膝の内側や前側が痛い時。