1/痛みを伴うアプローチをしません。

痛みを伴うアプローチは慢性痛を根深い問題にしてしまいます。