身体に「痛い刺激」加えてませんか?

あんのん接骨院のYouTubeチャンネルにて、サッカーの西村洋平選手が取材に来て下さった時の様子をアップしています。リンク先でチェックしてみて下さいね✨↓↓

身体のセルフケアはしますか?
スポーツ選手も子供も高齢者も誰だって、いつまでも元気な身体を保ちたいですよね…!

そんな「大切な身体」には痛い刺激、強い刺激を加えないことをおすすめします。

痛みを加える刺激の強いセルフケアは組織を損傷させ、脳に痛みの記憶を残します。

自分にとって痛かったり不快だったりする刺激を選ぶよりも、快適だったり、楽だったりする刺激を選ぶと無理する事なく痛みの感じ方が変わる可能性があります。つまり、脳の出力の良い変化を期待することができます。

そういった感覚を優先する不思議だけど合理的なアプローチを実践しています。

最新の疼痛科学に基づいた徒手療法DNM(デルモニューロモジュレーティング)は、あんのん接骨院もしくはあんのん徒手療法室で受けることができます✨

関連記事

  1. 「ちょっとくらい痛くても耐えられます」が良くない点

  2. あんのん徒手療法室の開業準備をしてきました。(机と椅子と手作…

  3. 筋肉の緊張と痛みを減らす仕組み

  4. 穏やかな徒手療法

  5. 慢性痛メモ 相手が何を感じているかを理解できる保証は…。

  6. 神経にも血管が繋がっています。